パワーストーンの意味と効果や使い方を研究

パワーストーン研究会「アロン」

ストーンヘンジの石




パワーストーンの意味と効果や使い方から相性まで

【ストーンヘンジの石の意味と効果】古代遺跡にも使われた神秘の石!心身の浄化に

投稿日:

ストーンヘンジとは?石の意味と特徴

ストーンヘンジの石の意味とは?

ストーンヘンジの石は、人と精神世界をつなぐ、心を安定させるという意味を持つパワーストーンです。

ストーンヘンジの石の特徴

ストーンヘンジの石は「プレセリブルーストーン」とも呼ばれ、イギリスの世界遺産「ストーンヘンジ」に使用された石と同じ起源を持つのが特徴です。

世界遺産で有名な「ストーンヘンジ」はイギリス南部ソールズベリー平野にある約5000年前の遺跡で、巨大な石が環状に並べられたストーンサークルです。
イギリスのベンブロークシャーのプレセリ丘陵で採掘されたドレライト(粗粒玄武岩)がこの遺跡に使用されたといわれ、詳しい運搬手法は解明されていませんが、ストーンサークル建設の際に1枚5tともいわれるほどの巨大な石が250kmもの距離を運ばれてきたことが分かっています。
以上のことから、この地域で採掘されたドレライトのみがプレセリブルーストーンと呼ばれ、「ストーンヘンジの石」として認識されています。

ストーンヘンジの石の効果

ストーンヘンジの石は、持ち主の宇宙意識・スピリチュアル性を向上させ、心の状態を安定させる効果を持つとされています。
ストーンサークルの中心部に置かれていたストーンヘンジの石は、空間と時間、人間や地球と精神世界を接続しする媒介役として、宇宙からの未知のエネルギーやメッセージをを持ち主に届けてくれるでしょう。
また、周囲の環境を浄化し、持ち主のトラウマ解消に効果を発揮するパワーストーンでもあります。

Amazonでおすすめのストーンヘンジの石のブレスレット

楽天でおすすめのストーンヘンジの石のブレスレット

ストーンヘンジの石の効果的な使い方

ストーンヘンジの石はタンブルとしてヒーリングに使ったり、原石を部屋に置いて環境浄化に使ったりするのが効果的です。
手で握ったり体に触れさせておくことで精神が研ぎ澄まされ、過去に失ったエネルギーを取り戻し、無意識の中にある誤りや思い違いを正してくれるでしょう。
過去世のヒーリングやオーラのクリーニングにも効果的で、これにより持ち主の悪い部分が自動的にリセットされます。

ストーンヘンジの石の使い方の注意点

ストーンヘンジの石は紫外線に強く、扱いやすいパワーストーンです。通常の使い方で特に注意すべき点はありません。

ストーンヘンジの石の浄化方法

ストーンヘンジの石は自浄作用があるため、特別に浄化を行う必要はありません。

ストーンヘンジの石と組み合わせて相性の良いパワーストーン

ストーンヘンジの石には、同様に持ち主の心や穏やかな環境を保つ効果を持つパワーストーンとの組み合わせが相性が良いです。

カルセドニー

カルセドニーは対人関係を良好に保たせる働きがあります。心の安定に効果的なストーンヘンジの石とは相性が良いため、組み合わせて用いるのがお勧めです。

【カルセドニーの意味と効果】穏やかなパワーで疲れた心を癒す!よりよい人間関係を結びたい人に

エンジェライト

エンジェライトにはトラブルを予知し、うまく回避する力があります。ストーンヘンジの石で環境浄化を行っておくと、カイヤナイトの効果が現れやすくなります。

【エンジェライトの意味と効果】天使の翼がもたらす深い愛と平和!冷静に物事を見つめたい時に

カイヤナイト

カイヤナイトは鎮静作用を持ちます。興奮や怒りを抑え、心を平静に保つ効果がストーンヘンジの石の効果をさらに高めてくれるでしょう。

【カイヤナイトの意味と効果】混迷した現状をリセット!クリアな思考で新たなスタートへ

アンバー(琥珀)

アンバー(琥珀)は、ち主に優しさを授け、ストーンヘンジの石と同様に不安定な心を安定な状態に変える力を持ちます。2つの石を組み合わせて用いることで、さらに互いの石の効果が強く現れるでしょう。

【アンバー(琥珀)の意味と効果】あたたかい生命力を吹き込み心身を整える!長寿や妊娠出産のお守りにも

ストーンヘンジの石のパワーストーン・データ

パワーストーン名:ストーンヘンジ
英名:Preseli bluestone
和名:
原産国・産出地:イギリス
石の色:青色、青緑色
化学式:混合物により異なります
結晶構造:混合物により異なります
モース硬度:5.0~5.5




おすすめのパワーストーン記事

-パワーストーンの意味と効果や使い方から相性まで

Copyright© パワーストーン研究会「アロン」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.