パワーストーンの意味と効果や使い方を研究

パワーストーン研究会「アロン」

チャロアイト




パワーストーンの意味と効果や使い方から相性まで

【チャロアイトの意味と効果】心と体を健康にするヒーリングストーン

投稿日:

チャロアイトとは?石の意味と特徴

チャロアイトの石の意味とは?

チャロアイトは、全身を浄化し「健康状態を改善」するという意味を持つパワーストーンです。

チャロアイトの特徴

チャロアイトは、光沢はありますが透明感はなく深みのあるマーブル模様が特徴です。 三大ヒーリングストーンに数えられる紫色とロシアのムルトン山塊でしか産出されない希少種という事から、パワーストーン愛好家の間で人気のある石ですが、その人気と産出量の少なさから、枯渇の恐れがあるといわれています。

チャロアイトというパワーストーン名の由来

チャロアイトは、発見地のチャロ川が名前の由来です。また、ロシア語で「魅惑」を意味する「チャロ」からつけられたいう説もあります。

チャロアイトの歴史

チャロアイトは、1949年頃に発見されました。当時は角閃石の一種と考えられていましたが、鉱物学者のべーラ・ロゴワの研究によって、1978年に正式にチャロアイトとして正式に鉱物認定されました。

チャロアイトの効果

チャロアイトは、肝臓に働きかけて肝臓の動きを正常にしたり、体内に蓄積した毒素の排出を促すデトックス効果があるため、お酒好きの人には特にオススメです。
また、パワフルなエネルギーで持ち主の大胆な面を引き出す力があるので、何か人生の決断を迫られたときなどエネルギーが必要な時にもオススメです。

Amazonでおすすめのチャロアイトのブレスレット

楽天でおすすめのチャロアイトのブレスレット

チャロアイトの効果的な使い方

チャロアイトをペンダントとして身につけると、心臓付近にパワーをもたらすので、全身の不調の改善とオーラの浄化、健康面・精神面の両方に作用します。

チャロアイトの使い方の注意点

チャロアイトは、熱・酸・紫外線に弱いので浄化や使用する際には注意してください。

チャロアイトの浄化方法

チャロアイトは、水・水晶・月光浴を用いた浄化がオススメです。

チャロアイトと組み合わせて相性の良いパワーストーン

全身の不調を改善する強い浄化作用を持つチャロアイトには、心身へ働きかける石を組み合わせるのがオススメです。

アベンチュリン

アベンチュリンも、ヒーリングに特化した石です。似た効果を持つ石を組み合わせることで、癒し効果やリフレッシュ効果が高くなり、ヒーリングアイテムとして非常に特化した組み合わせです。

【アベンチュリンの意味と効果】ストレスとイライラ解消にマストなパワーストーン

ネフライト

心身のバランスを整える効果のあるネフライトと組み合わせることで、新陳代謝を活発にします。また、ネフライトには成功を引き寄せる効果もあるため、災いを回避する力をもたらします。

【ネフライトの意味と効果】強い意思で幸運と友情を引き寄せる!穏やかな日々をすごしたい人に

タンザナイト

タンザナイトは、決断力を高める効果のある石です。人生の岐路においても知性を高め、成功への道をへ導いてくれます。

【タンザナイトの意味と効果】高いヒーリング効果で疲れた心をリラックス!人生の岐路の選択にも

プレーナイト

プレーナイトには、思考力を高める効果があります。物事の本質を見抜き、冷静に物事を考えられるようになります。夢や目標がある人にとって、それを実現させるためのお守りとしてピッタリのアイテムになります。

【プレーナイトの意味と効果】物事の本質を見極め不要なエネルギーを一掃!迷いごとがある時に

エレスチャルクォーツ

穏やかな波長の石ですが、パワフルな特性を持つエレスチャルクォーツ。集中力を高め、心身のバランスを整えてあらゆる不調を解消する効果を持ちます。長い年月を経てクォーツの最終段階を迎えたエレスチャルクォーツは、凝縮された古代からの記憶や叡智を秘めているとされています。

【エレスチャルクォーツの意味と効果】凝縮された古代からのパワー!悩みを見つめ成長を促す石

チャロアイトのパワーストーン・データ

パワーストーン名:チャロアイト
英名:Charoite
和名:チャロ石
原産国・産出地:ロシア(サハ共和国)
石の色:紫色(濃淡)、赤紫色
化学式:(N,Na)5(Ca,Ba,Sr)8[(OH,F)┃Si6O16┃(Si6O15)2]・nH2O
結晶構造:単斜晶系(繊維状)
モース硬度:4.5~6.0




おすすめのパワーストーン記事

-パワーストーンの意味と効果や使い方から相性まで

Copyright© パワーストーン研究会「アロン」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.